TOEICでの点数は就職にも活用出来ます。

TOEICの点数は、就職にもいかすことが出来ます。もちろん高い得点を出すほうが有利になります。これだけ英語が出来ますということをアピール出来ます。今ではすっかり浸透してきた、この検定は、英語の本当の実力を知る上では重要になってきています。仕事で使える英語をどれくらい理解しているのかというのを、把握するにはもってこいの検定です。そうすることで、よりリアルに仕事でどれだけ使うことができるのかというのを会社も把握しやすいです。今は、高校生から受けるように進めています。大学生になってからではなくて、もっと早い時期に使える英語の習得を促すように、学校の方からも進めています。満点に近い得点では、本当に通訳が出来るくらいの能力があるという認定をもらえます。外資系で働くことも出来る太鼓判をおしてもらっています。

TOEICの受験をしていくタイミングについて

現在のこのTOEICの制度自体は国際コミュニケーション協会が主催をしているものであり、毎月の設定された地方各地においての試験会場において行われるようになっています。そして、その前の月の10日前後が締め切りの期日となっており、それに加えて月毎に試験会場が異なりますので、これらの申し込み時の点について注意をしておくことが大切です。出題形式としては、一番最初に必ずヒアリング形式の択一式による問題が出されるようになっています。何度かヒアリング用の英会話あるいは英語朗読での放送が流れたりしますが、言葉の訛りなどがある場合がありますので、いか様にこれを聞き取っていけるかが勝負となります。その他、挿絵回答問題等様々な出題が続きますが、総計で賞味、約2時間30分程度の受験日程となります。やはり選択問題が多いので、全て回答していく姿勢が大切です。

TOEICでの受験勉強のやり方

基本的に、やはりTOEIC自体がヒアリング問題による出題数が多い傾向があります。このため、日頃から学校などで勉強をしたりしてきた学習用英語などを勉強したりするよりも、日常的な発音を聞きながら軽い感じで行う『シャドーウィング』などのやり方のほうが良いかもしれません。一番良いのは、英語が流暢に話せる方と日常的会話が出来るようになるまで、英会話力を向上させたりしておくことが無難といえますが、そういう方などは中々身の周りには居ないのが通常といえますので、書店の店頭やネットその他の通信販売などで売られているシャドーウィング用のCD付きの教材を購入したりすることが、経済的あるいはコスト的にも大変安上がりです。とにかく、やはり筆記作業を重視してきたそれまでの学習英語の勉強を辞めて、そのうえでこうしたシャドーウィングを重要視した英会話トレーニングをしていくことが大切です。