TOEICの対策の立て方について

TOEICは、就職や進学、留学、昇進など、様々な場面で重要となる資格試験のひとつとして知られており、英語能力の高さを把握するうえで、絶好のチャンスとして扱われています。特に、ハイスコアを獲得したい場合には、多くの日本人が苦手とするリスニングの問題について、重点的な対策を立てることがポイントです。例えば、仕事や学校などの帰りの時間を利用して、英会話スクールなどに数十分程度通学をすることで、ネイティブの発音に慣れることができます。また、TOEICの過去問題や参考書については、市販されていることが多いため、それぞれの生活のリズムに合わせて、学習を続けることが可能です。もしも、英語に対する苦手意識がある場合には、はじめに目標のスコアを決めておくことによって、スモールステップでスキルアップを果たすことが有効です。

TOEICで高得点を取ろう

国際化が進む企業において昇進や昇格のためにTOEICのスコアが必要になっていることも増えてきています。そこまで高得点は必要ないけれど、基準となるスコアを取れずに昇格・昇進の妨げになってしまっていて苦労している方も多いのではないでしょうか。TOEICは闇雲に受けていてもスコアは上がりません。それなりの戦略が必要になります。400?500点程度のスコアの場合、受験時の戦略によって100点くらいは平気で変わってきます。重要なのは最初に問題を解くペースの目安を決めておくことです。上記くらいのスコアの場合、時間がなくて最後の問題までたどり着けていない人も多いのではないでしょうか。意外と最後の長文問題は一問一問解くのには時間がかかりますが、文章が多い分推測が働きやすくリーディング序盤の文法問題よりも考えることで回答が導ける可能性があります。逆に文法問題はわからないものを考えていても回答を閃く可能性が低いです。そのため、時間配分を意識して受験することが重要ではないでしょうか。

TOEICは定期的に受けてこそ意味がある

TOEICは、継続して受験し続けることが重要です。英語は、一度習得したらお終いという類いのものではありません。実用的なものですので、習得後も日々使用してこそ意味を成します。また、日々使っていないと忘れてしまいます。TOEICもそれと同じです。一度目標点を取ったから満足と言うものではありません。試験自体は現状の自分の英語力を測るためにありますが、本質的には日常必要な時に英語を使えてこそ意味があります。日々鍛錬していくことが重要です。TOEICは受験英語とは違い、日常の英語コミュニケーション能力を測るために考案された試験です。ですから、日常で英語を使うことを想定して試験を受けるということは、実に理に適っていると言うことができます。是非試験を定期的に受け英語を習得し、あなたご自身の人生の可能性を拡げるために役立ててください。